*お家で双子知育*

「3歳の双子にぴったりあった幼児教材を選びたい!」から始まりました♪ぴったり合った教材が見つかりますように…♡

【ベビーくもん】みんな何カ月から始めてるの?効果と特徴をわかりやすく解説

 

f:id:mix-twin:20200608202753j:plain

 

 

この記事は男女の双子にぴったりな知育教材を探して奮闘中のわたしが、「ベビーくもん」について考察してみたよ♪

他の通信教育も検討して1番ぴったりあった教材を選びたい!ってかたは、この記事でおすすめ教材をチェックしてみてね。

 

 

あわせて読みたい

 

 

【べびーくもん】は「月1回の教室でのサポート」と「自宅でできる通信教材」をかけあわせた、とっても珍しいタイプの学習サービスだよ。

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

もちこtoにぃに(@mocoroom75)がシェアした投稿 -

 

0歳児から始められる、数少ない教材の一つでもあります。

 

具体的にみんないつから始めてるのかな?

 

 

結論からお伝えすると、「生後6カ月までに始める」かたが圧倒的に多いよ!

 

 

この記事ではこんなことをまとめました。

 

この記事の内容

◆ベビーくもんの特徴

◆ベビーくもんの効果

◆いつから始めるのがいいのか?

◆他の教材との料金比較

 

 

実際に入会して後悔しないためにも、最後まで読んでぴったりあった教材を選んであげてください^^

 

 

「ベビーくもん」の特徴

 

ベビーくもんは「親子で取り組む幼児向けの公文式」といわれているよ!

 

 

ベビーくもんの特徴はこちら。

 

ベビーくもんの特徴

◆0~2歳を対象

◆月1回の教室でのサポート(30分ほど)

◆教材は絵本・CDがメイン

◆月額2200円・入会金なし

◆ベビーくもん(全12回)・ベビーくもんアドバンズ(全12回)の合計24回

 

 

一般的な通信教材と違うのは、「月1回の教室でのサポート」があることだよ!

 

 

場所は最寄りのくもん教室で、子どもの発達に合わせた教材の使い方のアドバイスをくれたり、育児の悩みを相談することもできます。

 

教材のことだけじゃなくて、発達や遊びかたの小さな不安とかも相談できるから心強いんだよね。

「信頼できる育児の相談相手ができる」っていうのがべびーくもんの大きな特徴です。

 

 

一方、教材の特徴としては「読み聞かせや歌(言葉のかけあい)を大切にしている」ところ。

 

 

「生まれたら ただちに歌を 聞かせましょう」

「歌200 読み聞かせ1万 賢い子」


引用:KUMON

 

 

上記の言葉は結構有名ですが、これに共感できるかた、やってみたいなと思ったかたはべびーくもんが合っているはずです。

 

 

「ベビーくもん」受講でどんな効果がでるの?

そんなべびーくもんを受講すると、どんな効果が出るのか?口コミをもとに整理してみました。

 

べびーくもんの効果

◆本や歌が大好きになる

◆楽しみながらたくさんの言葉に触れられる

◆親子のコミュニケーションが増え、心が安定する

◆親の育児プレッシャーが軽減される

 

 

簡単に解説するね♪

 

 

 

本や歌が大好きになる

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@tokyoitepixがシェアした投稿 -

 

ベビーくもんでは、毎月月齢にあったオリジナルの絵本を読むことができます。

 

「どんな絵本を選べばいいかわからない」「すでに絵本はたくさんあるから、同じものはいらない」という人に嬉しい教材だね!

 

 

そんな絵本やCDを定期的・継続的に取り組むことで、本や歌が大好きな子に育ちます。

 

「たくさんの本や歌にふれることで、賢い子になる」っていうのが公文の考え方だよ!

 

 

本や歌が好きになることで、結果的に「言葉を早く覚えられる」という効果につながっていきます。

 

「読み聞かせても興味をもってくれない」

「読み聞かせ中に立ち上がっちゃう」

「なんとなくモチベーションがあがらない」

 

というかたかたも、月1回の教室でのサポートで一緒に解決策を考えてくれるからちゃんと続けられます。

 

 

楽しみながらたくさんの言葉に触れられる

 歌や本でたくさんの言葉に触れることで、「コミュニケーションの楽しさ」も学ぶことができます。

 

「たくさん声掛けしてあげて」ってよく言われるけど、反応があまりない0~1歳にたくさん声掛けするのって結構難しいんだよね!

 

 

その点ベビーくもんなら、歌や絵本で自然に言葉に触れる回数が増えるし、親子で楽しく学習できるんだ♪

  

 

 

親子のコミュニケーションが増え、心が安定する

子どもが小さいうちからの歌いかけや読み聞かせは、感情を司る大脳辺縁系を活性化させることにもつながります。

 

つまり「情緒が豊かになり、相手の気持ちに共感できる感受性も高められる」ってことなんだ。

 

 

親子での触れ合い時間を大切にして、しっかりとしたコミュニケーションの土台をつくっておくことで「自分で考えるチカラ」「幅広い想像力」を育むことができます。

 

 

親の育児プレッシャーが軽減される

ベビーくもんは月に1回直接先生とのやり取りができるため、子どもだけじゃなくて親のサポートも万全です。

 

一般的な通信教育だと電話でのサポートが多くて、ちょっとした教材の使い方の疑問とかは相談しづらいもんね!

 

 

「CDはどのタイミングでかければいいのかな?」などの質問も気軽にできるからね♪

 

 

 

「ベビーくもん」はみんないつから始めてるの?おすすめ時期とは

 ベビーくもんはいつから始めるのがいいのかな?

 

ベビーくもんは0歳、つまり生後1か月から2歳までならいつでも始めることができますが、いつから始める人が多いのか?

 

統計的にはこんな感じになっています。

 

 

f:id:mix-twin:20200608213845j:plain

引用:ベビーくもん

 

生後6カ月までが多いんだね!



生後6カ月だと寝返りがしっかりできるようになって、歌や声掛けにも少し反応してくれるようになる時期です。

 

産後のママの体調もだいぶ回復してきて、絵本の読み聞かせを始める人が多い時期なんだろうね。

 

 

でも、私は産後6カ月のときも双子と生きていくことにいっぱいいっぱいだったから、無理する必要はないと思う!

 

 

せっかくの教材があっても、それを使いこなせなければ意味がありませんね。

 

結局のところは「ママの体力・精神的に余裕ができて、なにかやってあげたくなったとき」がベビーくもんの始め時

 

それがベビーくもんに限らず、通信教育や幼児教室全般にいえることだね。

 

 

特にベビーくもんは教室でみんなで集まるわけではないから、他の子と比較して焦ることもないし、休会もできるからマイペースで考えていいと思うよ♪

 

 

 

他の0~2歳向け教材と「ベビーくもん」の料金比較

 ここからはベビーくもんの料金と、他の通信教育や幼児教室と比較してみました。

 

 

0~2歳向け教材の料金比較

◆ベビーくもん(0~2歳)2,200円

◆こどもちゃれんじ(0~6歳)2074円~

◆幼児ポピー(2~6歳)980円~

◆ベビーパーク(0~3歳)約15000円

 

 

通信教育の「こどもちゃれんじ・幼児ポピー」よりは少し高めになっています。

 

実は「月1回の教室でのサポート」がいらない人は、こどもちゃれんじやポピーのほうが充実した教材で、しっかり「学ぶ」ことができるからおすすめだよ!

 

 

 

一方、幼児教室である「ベビーパーク」と比較すると激安だね。

 

 

ベビーパークは月4回教室に通い、ハイレベルな知育方法を親子で学び、「叱らない育児」のノウハウを身に付けることのできる人気の高い幼児教室です。

 

 

「レベルの高い幼児教育を目指している」

「家でできる知育方法をたくさん知りたい」

「他の子とコミュニケーションをとらせながら切磋琢磨したい」

 というかたにはベビーパークのほうがおすすめです。

 

 

ベビーパークに興味があるかたは、8000円分のレッスンを【無料体験】することもできるので、こちらのレポートを参考に参加してみてください^^

 

あわせて読みたい

 

 

ベビーくもんはこんな人におすすめ!

これまでのベビーくもんの口コミや特徴から、ベビーくもんはこんな人におすすめなことがわかりました。

 

ベビーくもんがおすすめな人

◆初めての育児に不安を持っている人

◆「言葉」に力をいれて可能性をひろげてあげたい人

◆読み聞かせや歌が苦手な人

◆とにかく忙しいけど、なにかしてあげたい人

 

 

 

「絵本やCDなどの教材+月1回の対面サポート」を上手に活用できそうな人におすすめってことだね。

 

 

特に「読み聞かせが上手にできない」という人にとっては、プロの先生のやり方を真似したり、ちょっとした工夫で子供が興味をもったりするから損はないと思う!

 

 

ベビーくもんの教材はボリュームが少なく、対面も月1回だから忙しいかたも無理なく続けることができます。

 

「つい忙しくて手付かずになってる」なんてこともないよ♪

 

 

「ほんとに合ってるかな?」「続けられるかな?」と不安なかたは、2月、4月、6月、10月と年4回の無料体験期間があるから、試してみると間違いないです。

 

近くの教室で教材をもらい、自宅で2週間試すことができるんだ♪

 

 

ひと月前から申し込みが始まるので、興味のあるかたは公式ページから確認してみてください^^

 

 

一方、こんな人にはベビーくもんはおすすめできませんので、通信教育や幼児教室を検討してみてください。

 

幼児教室がおすすめな人

◆レベルの高い幼児教育を目指している

◆他の子とコミュニケーションをとりながら切磋琢磨したい

 

 

幼児教室に関してはさっきおすすめを紹介したよね♪

 

 

 

 

通信教育がおすすめな人

◆「月1回の教室でのサポート」がいらない人

◆低コストで、しっかりカリキュラムに沿った学習をしたい人

 

 

 

 ベビーくもんの教材は「絵本などで語彙力を高める」というのをゴールにしていて、教材も絵本がメインになっています。

 

一方通信教育は「もじ・かず・生活・音楽・英語」など幅広い知育を、研究されたカリキュラムでしっかり学んでいきます。

 

 

例えば幼児向け通信教育で一番おすすめな「こどもちゃれんじ」では、【DVD・おもちゃ・ワーク】毎月のテーマに沿って学んでいくよ♪

 

 

特に知育おもちゃが工夫されていて、楽しく身に付けられるんだ♪

 

 

苦戦する「歯磨き」や「トイトレ」みたいな生活でのしつけも、しまじろうがしっかりサポートしてくれるから助かるよ!

 

 

そこまで充実した内容でも、料金はベビーくもんよりお安いので、一度体験だけでもしてみるのもいいかと思います。

 

 

 こどもちゃれんじが気になった方は、こちらの記事でそれぞれのコースの口コミやデメリットを詳しくまとめているのでご参考にしてみてください^^

 

ちなみに我が家の双子もこどもちゃれんじやってるよ♪

 

 

あわせて読みたい


 

 

ベビーくもんに興味をもった時が始め時!いろんな教材と比較して選ぼう

今回はベビーくもんの特徴や効果、いつから始めるのがいいのかをまとめました。

 

「ママの体力・精神的に余裕ができて、なにかやってあげたくなったとき」がベビーくもんの始め時

 とまとめましたが、これを読んでいるかたはすでに始め時なはずです。

 

ベビーくもん・幼児教室・通信教育、それぞれのメリット・デメリットがあるので、よく比較してお子さんにあった知育方法を選んであげてください^^

 

1~2歳の教室・通信教材のおすすめをまとめた記事もご参考にしてください♪