*お家で双子知育*

「3歳の双子にぴったりあった幼児教材を選びたい!」から始まりました♪ぴったり合った教材が見つかりますように…♡

【まなびwith幼児コース】口コミからわかるメリット・デメリット!こんな人におすすめだよ

f:id:mix-twin:20200302012007j:image

 

「まなびwith幼児コース」が気になってるけど、口コミはどうなの?


2019年4月にドラゼミが終了し、小学館の幼児通信教育は「まなびwith」として新しくリニューアルされました。

 

先に少しご紹介すると、まなびwith幼児コースはこんな教材です。

◆難易度は標準的

◆料金も標準的(2,117円~)

◆付録やDVD、デジタルコンテンツ、添削などワーク以外も充実している

◆1冊3000円以上する図鑑が見放題

 

この記事では【まなびwith幼児コース】の口コミ・評判、どんな人におすすめなのか、具体的な内容などをまとめてみました。

 

こんなかたにおすすめです♪

◆これからまなびwithを検討したいと思っている方

◆まなびwithの口コミが気になる方

◆他教材とまなびwithで迷っている方

 

ちなみに我が家はこんな考えで、「まなびwith幼児コース」を検討し始めました。

もうすぐ年少になるし、そろそろなにか教材をやらせてあげたいな。

小学校までにしっかりと勉強の習慣をつけておいたほうがいいんじゃないかな?

 

 

 ぜひ最後まで読んで、まなびwith幼児コースがお子さんに合うかどうか確かめてみてください^^

詳細をすぐに見て早速検討したい方は、無料体験から始めてみてね♪

 

 

⇒今すぐまなびwithを無料体験する

ワーク、シール、解説書、DVD、ミニ絵本が全部無料♪

 

 

入会を考えているかたは、お得な入会方法もあわせてご覧ください^^

 

 

あわせて読みたい


 

 

 

 

 

まなびwith幼児コースの口コミ・評判

 まだ比較的新しい教材なので、口コミや評判が気になりますよね。

「いい口コミ」と「悪い口コミ」でわけてみました。

 

いい口コミ

 

楽しいから、繰り返し取り組んでいます!

 楽しい教材を通して、かんがえるチカラ、ひらめくチカラ、伝えるチカラを養い、学んでいけると思ってまなびwithを始めました。

 

教材の質と量、紙とデジタルのバランスが気に入りました。

平日は寝る前の時間にもじ・かずのできスト、休日はのりやハサミを使うワークに取り組んでいます。

 年中さん受講

 

 

おもちゃが少なく、勉強に集中するようになりました!

幼稚園に入るのをきっかけに、ひらがなや数字に興味をもってもらうきっかけとしてまなびwithを選びました。

 

おもちゃなど余分な付録が少ないところや、図鑑など自分で見るきっかけができることが気に入りました。

毎日コツコツが身についてきて生活の一部になっており、勉強する習慣をつけることができました。

 年中さん受講

 

 

テーマを変えて、くりかえし学べる!

 本屋さんで買ったドリルは文字をなぞるばかりだったり、迷路ばかりだったり、本人もすぐに飽きてしまいました。

 

まなびwithは見開きごとにもじ・かず・たいけんなどテーマが違うので、飽きずにどんどんやりたい、という気持ちなるようです。

 

かず・かたちのワークでは数を数えることはできてもどちらが多いか?はなかなか理解できませんでしたが、何度も繰り返すうちにわかるようになりました

 年少さん受講

 

 

 

かわいいキャラクターとカラフルな教材が魅力!

年少になっていくつかの通信教育の資料を取り寄せたところ、本人がまなぼうずのキャラクターを気に入ってやりたいという意欲をみせたため入会しました。

 

早生まれなのでもじ・ことばぼワークは少し難しいようですが、毎日取り組むことでひらがなも少しずつ覚えてきました。

年少さん受講

 

ちなみに「まなぼうず」っていうキャラクターはこんなのだよ♪

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

かー(@carshop_yokohama)がシェアした投稿 -

 

悪い口コミ

 

教材はいいのですが、キャラクターが物足りない

 『まなびwith』になってまだ間もないですが、ドラゼミで培われた幼児教育のメソッドがあるのでしょう。教材は見やすく、子どもと一緒に取り組みやすいようになっています。


4月号についていた時計の時間が分かるようになるアイテムは、子どもも気に入っています。


しかし、うちの子はドラえもんが好きでドラゼミをやっていたので、『まなびwith』のキャラクターには物足りなさを感じています。子どもにこれからも続けるか聞いたところ、「ドラえもんが出ないならやらない」と言われてしまったので、退会することにしました。
教材自体はとてもいいので、小学生になったらまた始めるかもしれません。

年長さん受講

 

「まなぼうず」には合う合わないがありそうだね。

 

 

 

 

内容はいいのですが、量が物足りない。

 新小学1年生で、現在受講中です。

 

無駄な教材がなく、文字の大きさや量はちょうどいいです。算数と国語2教科で、1日1教科1ページぐらいの学習量です。

英語は今のところ付属といった感じですが、WEBサイトで動画が見れるので、楽しく取り組むことができます。

 

学習量は全体的に少なく、物足りなさを感じます。

算数と国語両方毎日1ページずつやっていると2週間で終わってしまいます。

小学生コース受講

 

 

量に関しては、「デジタル図鑑」や「webコンテンツ」で補完することができるよ♪

 

口コミからわかる「まなびwith幼児コース」のメリット

上記の口コミや、実際にまなびwithを体験してみてわかったメリットがこちらです。

ここではさらっとまとめるので、もっとまなびwithの魅力を知りたいかたは最後までお読みください♪

 

◆「考えるチカラ」「調べるチカラ」がつく!

◆「webコンテンツ」が充実している!

◆1冊3000円以上する図鑑が見放題!

◆「まなぼうす」がクセになる!

 

自分で「考えるチカラ」「調べるチカラ」がつく 

まなびwithのワークはひらがなや数字の練習だけでなく、「体験」に力をいれているため、自分で考えるちからが身につきます。

 

f:id:mix-twin:20200229203605j:plain

▲「雨の日のいきもの」という「体験」 ページ

 

このように普段の生活や日常的に触れるものにからめた問題が多く、自分で考えるちからを育てることができます。

子どもの「なんでだろう?」「どうしてだろう?」という気持ちを大切にしているんだね。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

aya(@konoasa_i)がシェアした投稿 -

 

まずは「自分で考える」というクセ付けができる教材です。

 

「webコンテンツ」が充実している

まなびwithは年少・年中・年長の各コースに共通の「デジタルコンテンツ」が用意されています。

 

タブレット教材としてはスマイルゼミが有名ですが、まなびwithはワーク学習とデジタルコンテンツを両方提供しています。

 

知育ゲーム等のコンテンツや、ワーク形式のものなど飽きない構造になっているので、プリントに飽きた時の気分転換にもなりますよ♪

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

samantha(サマンサ)(@samantha_globe)がシェアした投稿 -

 

また、webから学習プリントをダウンロードできるのも他の通信講座にはないいいところです。

 

 

f:id:mix-twin:20200228232647j:plain

ワーク教材は1日2ページのペースで進む教材ですが、「もっとやりたい!」といったときには先取学習も可能です。

復習に使うのもいいですね♪

 

 

1冊3000円以上する図鑑が見放題

まなびwithは図鑑に力をいれています。

 

f:id:mix-twin:20200229203602j:plain

▲毎月、小学館の「プレNEO図鑑」シリーズから毎月4ページがのってます!

f:id:mix-twin:20200229203605j:plain

▲先ほどもでたように、「雨の日のいきもの」というワークで、図鑑ページを調べながら学ぶチカラがつきます。

 

このように図鑑のワークを連動させて、「体験」させながら「自分で学習する」流れを重視していることがわかります。

 

図鑑はただ生き物の種類が羅列しているのではなく、テーマに沿った図鑑になっていて大人気です。

まなびwithではそんな人気図鑑「図鑑プレNEO」が、デジタル版でも読むことができるようになっています。


図鑑プレNEOは本を購入すると1冊3,000円以上しますが、まなびwithの毎月の受講料 だけでデジタル版プレNEOが見放題なのはとってもお得です!

 

「まなぼうず」がクセになる!

まなびwithの年少・年中・年長コースには、「まなぼうず」というキャラクターがいます。

 

はさみやのりなど、子どもたちが生活する中で手にする道具をモチーフにしたキャラクターになっています。

 

この「まなぼうず」は口コミにもありましたが、賛否両論です^^;

「かわいくて好き!」

 

といった子もいれば、

「しま〇ろうのほうがいい!」

 

という子も。

 

まなぼうずを好きになれるかどうかでモチベーションも変わってくるので、キャラクターは重要です。

 

ちょっと不安なかたは、資料請求をしてお子さとの相性を確認することもできます。

資料のなかにこんなグッズがはいっています。

 

f:id:mix-twin:20200229203608j:plain

 

まなぼうずキャラクター絵本
オリジナルまなびソングDVD

 

 

特におすすめは「まなびソング」で、 下のYouTubeでは途中までで終わってしまいますが、お試しDVDでは全6曲を最後まで聴くことができます。

 

 

 

口ずさんでしまうような曲ばかりなので、ぜひお試しDVDで聴いてみてください♪

 

 

⇒今すぐまなびwithを無料体験する

ワーク、シール、解説書、DVD、ミニ絵本が全部無料♪

 

口コミからわかる「まなびwith幼児コース」のデメリット

続いてデメリットもいくつかあげておきます。

 

◆「ものすごくレベルが高い」わけではない

◆英語コースはない

◆クレジットカード払いができない

◆料金が高い気がする

◆まなぼうずが好きになれない子もいる

 

 「ものすごくレベルが高い」わけではない

まなびwithは、「しっかり文字をかけるようになってもらいたい!計算できるようになってほしい!」というかたには向いていません

 

あくまで生活の中で体験をとおして学んでいくことがテーマになっているので、年少コースの場合、ひらがなや数字のページもありますがほんの少しだけです。



知育メインで考えている方は、まなびwithマイルームのプリントを活用したり、市販のドリルと組み合わせてみてください。

 

 

ドリルは公文がおすすめ!年齢にあわせた内容になるよう考え抜かれてるよ♪

 

 

 

 

まなびwithの幼児・小学生コースの難易度が気になるかたは、こちらの記事をご覧ください。

 

あわせて読みたい

 

 

 英語コースはない

まなびwithに英語学習はありません。

もし英語教育もご希望でしたら、こどもちゃれんじEnglishやポピー Kids Englishとの併用をおすすめします。

 

▼無料資料請求でDVDがもらえるよ

⇒人気のこどもちゃれんじEnglish無料体験でDVDゲット!

2ヶ月に1回だから併用しやすい♪

 

 

 

あわせて読みたい



 


クレジットカード払いができない

 ちょっと残念ですがな点ですが、レジットカード払いができません。

今のところ支払方法は、振り込みか、口座引き落としの2択です。

口座引き落としのほうが自動で助かるね♪

 

 

料金が高い気がする

まなびwithの料金は2,117円/月~2,369円/月です。

 

ざっくりいうと、こどもちゃれんじ とZ会の間ぐらいの設定なので高すぎる事はないと思います。



料金が高いように感じてしまうのは、毎月届くのがワーク教材だけだからかもしれません。


でも、まなびwithには豊富なデジタルコンテンツやDVD、付録がついてきます。(のちほど詳しく説明しますね)

 


特にデジタルコンテンツを積極的に活用することで、お値段も安く感じられる教材になっています。

 

「よりお得に入会したい!」「キャンペーン情報が知りたい!」というかたは、こちらもあわせてご覧ください♪

 

 

 

 まなぼうずが好きになれない子もいる

ドラえもんから変わって新しく登場した「まなぼうず」というキャラクター。

個人的には可愛いと思いますが、子供によっては好き嫌いがあるようです。

 

子どもの反応を確かめるためにも、入会前にお試ししておくと安心ですね。

無料でDVDまでついた体験ができますよ♪

 

 

⇒今すぐまなびwithを無料体験する

ワーク、シール、解説書、DVD、ミニ絵本が全部無料♪

 

 

まなびwith幼児コースはこんなかたにおすすめ!

 上記のメリット・デメリットをみてみると、まなびwithはこんなかたにおすすめと言えます。

 

◆おもちゃもワークもDVDもバランスよくほしい方

◆「考える力」を育てたい方

◆図鑑を見る習慣をつけてほしい方

◆やる気を継続させるためのサポートもほしい

◆子供が小さいうちは日本語主体で、もしくは英語学習は他でやっているかた

 

さらに踏み込んで他の教材と比較すると、まなびwithはこんな立ち位置。

 

f:id:mix-twin:20200528171029j:plain

 

 

「難易度としては難しめ」「きちんと机でお勉強するタイプ」という立ち位置だね。

 

 

まなびwith幼児コースの方針や特徴は?

 「まなびwith幼児コース」の方針や特徴、内容をみていきます。

 

まなびwithが大切にしている3つのチカラ

f:id:mix-twin:20200228232652j:plain

 引用:まなびwith公式サイト

 

まなびwithは「3つのチカラ」を伸ばすことを大切に考えています。

・考える力
・ひらめく力
・伝える力

 

特に「考える力」を効率よく伸ばすためのカリキュラムが整っているのが特徴的。

基本教材に思考力育成カリキュラムが毎月あるのは、実はまなびwithだけなんです!

 

「なぜ?」「どうしたら良いのか?」を深く考える力をつけることで、これからのAIの時代でも活躍できる子に育ちます。

 

ひらめく力とは、自分で遊びを考えたり、行動することができるチカラ

最後まで諦めずに解き方を見つける経験を積み重ねて、題解決をする楽しさを身につけます。

最後に伝える力とは、自分の考えを相手に伝えられるように整理し表現できるようになるチカラ。

 

この3つのチカラを伸ばしていく教材になっています。

 

4項目を中心に、基礎から応用までステップを踏んで学ぶ

f:id:mix-twin:20200228232702j:plain

 引用:まなびwith公式サイト

 

上記の3つのチカラを育てるために、以下の4つの項目を学んでいきます。

ことば・もじ
かず・かたち
たいけん
ちえ


基礎の基礎から始まり応用まで、少しずつ段階を踏んで進めていくカリキュラムになっています。

 

復習もただ同じ問題をを繰り返し出すのではなく、少し角度を変えて繰り返し出題します。
角度を変えることで「考えるチカラ」「ひらめくチカラ」が育つんですね。

 

アプリで、プリントで…

いろんなやり方で復習できるのも特徴です。

 

 

小学校までの9年間一貫教育

まなびwithは年少から9年間一貫したプログラムになっています。

 その子にあっていれば、慣れた教材で小学校でも続けて学習することができるのが嬉しいポイント。

 

ただ中学校からは別の教材を検討する必要があるので、そこは将来的に考えていくことになります。

 とりあえず小学校までしっかりやりたいという方であれば特に問題はないですね♪

 

まなびwith幼児コースの内容を詳しく教えて!

 まなびwith幼児コースの内容を詳しくみていきます。

最後の項目で年少・年中・年長さん全てに共通する「デジタルコンテンツ」の内容を書いています。

 

幼児年少コースの内容

 年少コースでは下記4点の教材が届きます。

◆幼児教材「まなびブック」

◆保護者向け「親子ブック」

◆ わくわくDVD(年3回)

◆キャラクター絵本(年3回)

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@tomomo31qがシェアした投稿 -

 

まなびブックは、1ヶ月分見開き24ページ程。

f:id:mix-twin:20200229203630j:plain

▲「もじ・ことば」のワーク。シールつきで楽しく学べます。

 

f:id:mix-twin:20200229203622j:plain

▲「かず」のワーク。

 

f:id:mix-twin:20200229203627j:plain

▲「たいけん」のワーク。

 

1日分は5~10分程度で終わるので、幼稚園や育園生活との両立もしやすいですね。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

harutaku_learning(@harutaku_mama)がシェアした投稿 -

 

月によって知育おもちゃやDVDがついてきます。

 

f:id:mix-twin:20200228232637j:plain

 引用:まなびwith公式サイト

 

もっと詳しく知りたいかたは、「無料資料請求レビュー」の記事をみてね♪

 

 

あわせて読みたい

 

 

幼児年中コースの内容

 年中コースでも年少同様の教材が届きます。

◆幼児教材「まなびブック」

◆保護者向け「親子ブック」

◆ わくわくDVD(年3回)

◆キャラクター絵本(年3回)


年中コースからは言葉や数字、体験に加え「ちえ」に関しての問題が出題されます。

 

f:id:mix-twin:20200228232649j:plain

 引用:まなびwith公式サイト


迷路やパズル、間違い探し、数の法則などを通して推理力や観察力、論理力、構成力を学ぶことができます。

 

添削テストも追加されるよ!

まなびwithの年中コース以上には、添削テストがついています。

年中さんは年2回(9月号・1月号)!


添削テストは、基本的に月末が提出です。

ただ遅れてしまったりした場合でも、添削対応期間中であればいつでも提出することはできるのでできるだけ参加したいですね。


幼児年長コースの内容

 年長コースも毎月届く教材は同じです。

◆幼児教材「まなびブック」

◆保護者向け「親子ブック」

◆ わくわくDVD(年3回)

◆キャラクター絵本(年3回)

 

年長コースは一気に学習進度が早くなります!

ひらがな、カタカナを使い、短作文や読解問題も始まります。

数字も足し算、引き算だけではなく、文章問題や図形の感覚、考察力が問われる問題など難しい問題が出ます。

 

まなびwithは年中までは標準的なペースですが、小学校入学前には非常に高いレベルの到達が期待できます

添削テストも年3回(6月号・11月号・2月号)に増え、より密な勉強ができる内容になっています。

 

まなびwith幼児コースの無料体験から始めてみよう!

 まなびwithの幼児コース、メリット・デメリットはこちら。

 

メリット

◆「考えるチカラ」「調べるチカラ」がつく

◆1冊3000円以上する図鑑が見放題

◆「webコンテンツ」が充実してる!

◆「まなぼうす」がクセになる!

 

デメリット

◆「レベルが高い」わけではない

◆英語コースはない

◆クレジットカード払いができない

◆料金が高い気がする

◆まなぼうずが好きになれない子もいる

 

まなびwithの幼児コースが向いているのはこんな方です。

 

 ◆おもちゃもワークもDVDもバランスよくほしい方

◆「考える力」を育てたい方

◆図鑑を見る習慣をつけてほしい方

◆やる気を継続させるためのサポートもほしい

◆子供が小さいうちは日本語主体で、もしくは英語学習は他でやっているかた

 

まなびwithは遊びや体験をとおして学べる年少さんにぴったりの教材だね!

 

ただ、せっかく親がいいと思って決めても、子どものモチベーションがないと続きません。

 

まなびwith は一度入会するとキャンペーン期間以外は3か月退会できないので、入

会を考えている方もまず無料体験から始めてみてはいかがでしょうか?

 

「まなぼうず」の好き嫌いも確認してみてね!

 

 

⇒今すぐまなびwithを無料体験する

ワーク、シール、解説書、DVD、ミニ絵本が全部無料♪