*お家で双子知育*

「3歳の双子にぴったりあった幼児教材を選びたい!」から始まりました♪ぴったり合った教材が見つかりますように…♡

【まなびwith年少コース】資料請求レビュー!体験してわかった5つの特徴とは?

f:id:mix-twin:20200301234209j:plain

「まなびwith年少コース」の資料請求をするとなにがもらえるの?

小学館の通信教育「まなびwith」は2019年から始まり、図鑑学習やデジタルコンテンツで人気急上昇中の教材です。

 

今回はそんな「まなびwith年少コース」の資料請求をしてみた体験レビューをお伝えします♪

 

体験するのは年少クラスに通う直前の、3歳の双子です!

 

お勉強好き!(双子妹)

まだよくわかんないけど、カエルかわいかった!(双子兄)

 

親の視点からの感想は、

ワークや絵本、DVDまでもらえて無料なんですごい!

 


これからまなびwithに入会をしようか迷っている方は、お得な無料体験から始めてみる事をおすすめします。

 

⇒1週間分のお試し教材が貰える【まなびwith】の資料請求はこちら

 楽しいDVDもついてくるよ♪

 

 

 【まなびwith年少コース】おためし教材の内容

 今回は双子の年齢にあわせて年少コースを申し込みました。

 

f:id:mix-twin:20200229203700j:plain

 

届いたのはこちらの5点。

◆まなびブック、シール

◆おやこブック(ワークのねらいや進め方を解説した、おうちの方向けの冊子)

◆「はじめましてまなぼうず」絵本

◆「まなぼうずルンルン」DVD

◆お得な入会情報冊子(プレゼントやキャンペーン情報)

 

一つずつみていきますね。

 

「まなびブック」の内容

メインとなる教材は「まなびブック」といいます。

 

f:id:mix-twin:20200229203633j:plain

 

今回のおためし版は1週間分、14ページになっていますが、本教材は

64ページ・シール付き
1日2ページが目安

と4倍以上の分厚さになっています。

 

f:id:mix-twin:20200229203630j:plain

シールも同封されていて、さっそく子供の興味をひきます。

 

「まなびブック」では、こんなことを学べるよ!

まなびブック…というかまなびwith年少コースでは、この3つの内容を学べるように構成されています。

◆ことば・もじ

◆かず・かたち

◆たいけん

 

ことば・もじ
  • 語彙を増やす
  • ひらがなに親しむ
  • 対話力を育てる

 

かず・かたち
  • 1~10 の数を読んで数える
  • 図形の特徴を知る

 

たいけん
  • 季節や文化に触れる
  • 豊かな感性に触れる
  • 生活習慣を理解する

 

例えばこの図鑑のページ。

f:id:mix-twin:20200301131546j:plain

カエルの生態をリアルな写真で学びます。

 

カエルさん、かわいい~~っ!!

 

ママむりだ…気持ち悪い…(心の声)

 

 

f:id:mix-twin:20200301131552j:plain

カタツムリやあじさいの図鑑ページも。

 

f:id:mix-twin:20200229203648j:plain

これらを図鑑で学んだうえで、「雨の日のいきもの」というテーマの「たいけん」ワークがでてきます。

 

前の図鑑ページで学んだことなので、3歳になったばかりの双子ちゃんでもすんなり正解することができました。

 

その他のワーク体験レビューも記事中にちりばめているので、参考にしてみてください♪

 

「おやこブック」の内容

 「おやこブック」はワークのねらいや進め方を解説した、おうちの方向けの冊子です。

 

先ほどのまなびブックとの大きさ比はこれくらい。

f:id:mix-twin:20200229203624j:plain

 

このワークでは「運筆」の練習をする目的があるのですが、おやこブックにはこんなアドバイスやポイントが書かれています。

 

まなびアドバイス

料理を食べたりするイメージを楽しみながら、ぐるぐる線を書いてみましょう。

できるだけ線をつなげて書くことで、文字を書く基礎となる動きにつながります。

 

 

声かけポイント

「ぐるぐる、おいしくなあれ」「大盛りにしてね」などと、スパゲッティをつくる様子を想像しながら、ぐるぐる線をたくさんかきましょう。

 

 

まなび+プラス

手先の力を使った遊びを意識的に取り入れると、筆圧も強くなっていきます。

紙を丸めたり破いたり、タオルの引っ張り遊びなどをしてみるといいでしょう。

 

 

親への声かけアドバイスが的確で助かる♪

 

 

「はじめましてまなぼうず」絵本の内容

f:id:mix-twin:20200301131549j:plain

 

登場するオリジナルキャラクター「まなぼうず」の絵本です。

15ページと結構ボリュームがありました。

 

各キャラクターの紹介とちょっとしたストーリーのミニ絵本で、まずまなぼうずを子供に知ってもらうということができます。

f:id:mix-twin:20200301131608j:plain
f:id:mix-twin:20200301131604j:plain

 

この絵本を使って先にキャラクターたちに親しんでおくと、ワークでもなじみやすいのでおすすめですよ♪

 

双子妹ちゃんは、はさみちゃんが好き!

双子兄くんは、鉛筆くんが好き!

 

「まなぼうずルンルンDVD」の内容

f:id:mix-twin:20200229203652j:plain

やっときた!

このDVDは、私一番のおすすめ品です!

 

DVDにはYouTubeでも人気の以下6曲がはいっています。

うんち うんちく うんちっち
くまさんが かぞえたら
おいしい カレンダー
うきうきで るんるん
あかい りんご あおい うみ
あいうえおの うた『あいうえおで へ~んしん!』

 

どの曲も知育に関する内容で、リズムというかテンポのいい曲になっています。

 

YouTubeで一部見られますので、私の好きな「くまさんが かぞえたら」をどうぞ♪

 

このDVDではキャラクター「まなぼうず」になじむだけではなく、数や言葉、カレンダーなど色々学ぶこともできました。

 

ちなみにDVDは年少~年長までどの資料請求でも無料でもらえます。

 

何度もいいますがこれほんと親子で楽しめるのでおすすめです!

これだけでもお試し教材としては満足の内容かも♪

 

⇒1週間分のお試し教材が貰える【まなびwith】の資料請求はこちら

 無料なのにボリュームがすごいよ♪

 

 お試し体験でわかったまなびwithの特徴5つ

 我が家は幼児通信教育の無料体験はたくさんこなしているのですが、それをふまえて「まなびwith」の特徴はこちら。

 

①遊びとワークのバランスがちょうどいい

②他教材との一番の違いは「図鑑とのリンク」

③ 難易度は標準的

④ボリュームは少なめ

⑤日常生活で自然に復習できる

 

特徴①遊びとワークのバランスがちょうどいい

 まなびブックにはシールやキャラクターがたくさん出てきていて、「飽きる」だったり「手が止まる」ようなことがなかったです。

 

まさに「遊びの中に学びがある」!

そんな教材だなと感じました。

f:id:mix-twin:20200302202323j:plain

▲犬とキャラクターを線つなぎ。一応いろいろ考えて組み合わせてました。

 

特徴②他教材との一番の違いは「図鑑とのリンク」

他の幼児通信教育と比較して、一番違うなと思ったのが「図鑑とのリンク」が密接ということでした。

 

先ほどの例のように、

小学館「プレNEO図鑑」シリーズから抜粋

   ↓

ワークに取り組む

   ↓

分からないことがあったら、図鑑ページにもどって調べる

 という工程ができるので、「自分で学ぶチカラ」が育つだろうなと期待がもてました!

 

「自分で学ぶチカラ」が育てば、観察日記や社会科のレポート制作、自由研究などにも役立つね!

 

特徴③難易度は標準的

まなびwithの教材の難易度は標準的だなぁと感じました。

 

年間カリキュラムを見るとポピーやZ会よりも少し早く、こどもちゃれんじと同じぐらいの進度になっています。

 

とりあえず早生まれの双子ちゃんでも取り組めて、安心しました♪

 

 難しさについてもっと詳しく知りたいかたはこちらもご覧ください。

あわせて読みたい


 

特徴④ボリュームは少なめ

まなびブックのボリュームは少し物足りなさを感じました。

 

というか双子ちゃんは1週間分のお試し教材を20分ほどで終わらせ、もっとやりたがっていました^^;

 

目安が毎日2ページ・10分ほどといわれているけど、もっと早く終わってしまう印象かな。

 

 

でも大丈夫!!


今回のお試し教材ではできないのですが、まなびwithは無料でダウンロード教材が印刷し放題になっています。

 

f:id:mix-twin:20200228232647j:plain



年少以降、ひらがなの練習や数字の訓練を追加でしたい場合は無料ダウンロード教材でで反復練習することもできます。

 

特徴⑤日常生活で自然に復習ができる

 

例えば今回のお試し教材の中のページを見てください。

 

f:id:mix-twin:20200301131621j:plain

これは「かず・かたち」のワークなのですが、こういった分かりやすいイラストがあるので普段のちょっとした空き時間に反復学習しやすいのです。

 

他にもこんなページも。

f:id:mix-twin:20200301131619j:plain


これは「たいけん」のワークで安全なほうに〇、危ないほうに×をつけるのですが、日常的によくあることをテーマにしているのでこちらも反復学習しやすくなっています。

 

あれ?みちをあるくときはどうすればいいんだっけ?

 

てって!

てって!!

 

 

こんなふうに、資料請求のお試しだけでたくさんのことを学び、楽しむことができました♪

正直予想をいい意味で裏切るボリューム感です!


体験申込は2分程でできるので、検討を考えている人はぜひ無料体験してみてはいがでしょうか?

⇒1週間分のお試し教材が貰える【まなびwith】の資料請求はこちら

 

まなびwithの資料請求の方法

無料資料請求は2分程でできます♪

まずこちらのリンクからまなびwithのHPへ

⇒まなびwith公式HP

 

 

画面上の資料請求をクリックします。

 

f:id:mix-twin:20200301233548j:plain

 下記の必要事項を入力して確認ボタンをクリックして完了! 

 

必要事項
  • 保護者・子どもの名前
  • メールアドレス
  • 住所
  • 電話番号
  • 子どもの性別
  • 子どもの生年月日
  • 希望コース
  • 2人目以降の子どもの情報
  • アンケート

 

 年少や年中などコースに関わらず、お子様が二人いても一気にできるのが助かります。


2分程で入力できますので、検討したい方は無料体験してみてはいかがでしょうか?

 

⇒1週間分のお試し教材が貰える【まなびwith】の資料請求はこちら

 

お得な「まなびwith年少コース」の資料請求をしてみよう!

 今回は「まなびwith年少コース」の資料請求レビューでした。


まなびwithはキャラクターやシールをたくさん使って取り組みやすく、自然に「学び」につなげていける教材です。

まなびwithの特徴5つ

①遊びとワークのバランスがちょうどいい
②他教材との一番の違いは「図鑑とのリンク」
③ 難易度は標準的
④ボリュームは少なめ
⑤日常生活で自然に復習できる

 

 

こどもちゃれんじのようにおもちゃは少なく、基本はワーク(入会したらデジタルも使える)での学習になります。

 

お子様に合うかどうか確認したいかたは、無料で資料請求してみてはいかがでしょうか?

 

⇒1週間分のお試し教材が貰える【まなびwith】の資料請求はこちら

 無料なのにすごいボリュームだよ♪

 

 

 まなびwithのもっと詳しい口コミを知りたいかたはこちらもご覧ください▼

合わせて読みたい

www.twins-chiiku.com