*お家で双子知育*

「3歳の双子にぴったりあった幼児教材を選びたい!」から始まりました♪ぴったり合った教材が見つかりますように…♡

ボタン掛けは何歳でできるようになる?簡単3ステップの練習方法!

f:id:mix-twin:20200225003731j:image

 

もう2歳だけど、ボタン掛けっていつから1人でできるのかな?

 

 

我が家の双子妹ちゃんは2歳過ぎから、1人でボタンの練習を始めました。

でも…

ママ~!できない~~!!

 と何回も呼ばれる日々。

 

周囲の早いお友達はもうできてるのに…と焦る気持ちもありましたが、よく考えるとボタ掛けって結構難しい技術ですよね!?

 

 

そんなボタンかけについて、こんな内容をまとめました。

 

この記事の内容

◆ボタンかけができる目安の年齢

◆ボタンかけの教え方

◆練習方法のコツ

 

 

 

発達による個人差が大きい部分ではありますが、上手にお子さんをサポートしてあげてください^^

 

 

 

ボタン掛けは何歳でできる?

ボタン掛けができるようになる年齢は個人差がとても大きいですが、一般的には3歳頃が目安と言われています。

 

 

私は2歳半にはもうできてたよ!

 

僕は3歳直前だったかな♪

 

 

我が家の双子ちゃんのように同じ環境で同じように育てていても、半年ほど差がでてくることもよくあるので心配しないでくださいね。

 

なぜ3歳が目安なの?

なんで3歳が目安かというと、ちょうど幼稚園の年少さんにあがる子が多いため、ボタン掛けを練習させる機会が増えるからです。

 

年少さんになるとプールや園庭遊びのあとに着替える必要がありますもんね。

 

 

でも必ずしも入園前にできなきゃいけないものでもなく、入園して周囲のお友達がやっているのをみてすんなりできるようになる子も多いようです^^

 

 

ボタン掛けができるようになる練習方法

では実際に双子ちゃんがボタンかけをできるようになった練習方法をご紹介します。

 

ご家庭によって、やりやすいようにアレンジしてみてください♪

 

 

ステップ①ボタンをつかむ!

まずは「ボタンをつかむ」

 

これが意外と2~3歳児には難しいんですよね。

 

コツとしてはとにかく大きいサイズのボタンを使うことです。

 

「つまむ」という動作が苦手なお子さんは、洗濯ばさみやつまようじ、積み木やブロックなど小さかったり力をいれる練習のできるものから始めてみてください。

 

 

◆ミニポイント◆

そもそも「小さな物をつかむ」っていう動作が難しい場合はそこから練習するのがおすすめ!

 

例えばおはじき・つまようじ・毛糸などをつかむ練習が効果的だよ♪

 

 

ステップ②ボタンを穴にくぐらせる

次につかんだボタンを穴にくぐらせます。

 

実際に動作を見せながら繰り返すことも大切ですが、2歳児が分かりやすいのはこんな言葉がけでした。

 

ボタンのトンネルひらいて(穴をあける)
ボタンの列車が通るよ。(くぐらせる)
シュシュシュシュ~~シュッポ~~!!

 

 完全にし〇じろうDVDの受け売りなのですが、これほんとイメージしやすいようなので試してみてください。

  

 

◆ミニポイント◆

親が手伝う際には、後ろから子供を包み込むようにして手をとってサポートしてあげると感覚がつかみやすいようです。

 

何度も何度も根気よくだね!

 

 

 

ステップ③ボタンを受け取る

最後はボタンの受け取り!

 

言葉で表現すると「片側からボタンを穴に入れて、もう片方の手の親指と人差し指で受け取る」とこですね。

 

ここもなかなか難しそうでした。

 

 

私はじれったくなってしまう性格なので、ボタンを穴にいれるところは私がやって、受け取る部分だけを何回も練習させたりしていました。

 

これが意外とよかったのかな?

 

 

◆ミニポイント◆

やりにくいようだったら、ボタンをホールにいれるとこはサポートしてあげて、「子どもが引っ張る」練習をするとスムーズです。

 

どうしても難しかったら、太目のひもをボタンの代わりにして練習すると感覚がつかみやすいかも!

 

 

 

 ボタン掛けを教えるときのコツ

 3ステップの練習をする際に気を付けていたこと、教えるコツをまとめました。

 

コツ①最初は大きなボタン&大きな穴

最初で挫折を感じないよう、服ではなくおもちゃで練習させていました。

 

 

適当なおもちゃがない場合は、できるだけ大きなサイズのボタンがついている洋服を探してみてください。

 

 

コツ②練習は自分からやりたがるまで待つ

トイトレにも通じてくるのですが、無理にやらせたり不自然に誘ったりするとやる気がなくなってしまうこともあります。

 

なので私は徹底的に「自分からやりたがる」のを待ちました

 

 

その結果、双子がボタンかけをできるようになった時期はタイムラグがありました。

◆妹ちゃんは2歳半

◆お兄ちゃんは3歳直前

 

 

興味を持ってからの上達は早く、2人とも1か月ほどでできるようになりましたよ^^

 

 

コツ③おもちゃを作って楽しみながら練習する

怖い顔で真剣に練習するよりも、ママやパパも楽しみながらのほうが練習の効果がでやすいはずです。

 

 

私はもともとおもちゃを手作りするのが好きなので、こんなボタンかけ練習用のおもちゃ?を作りました♪

 

f:id:mix-twin:20190518164308j:plain

 

ママ、頑張ったね!!

 

 

作り方の詳細はこちらで説明しています。


 

焦らずゆっくり、ステップを踏んですすめよう!

ボタンかけができるようになるとお着換えが早くすむので親としては助かりますよね。

 

さらに指先を使うことによって脳を育てる「知育効果」もあります。

 

でも焦って練習させて嫌になるよりも、お子さんがやる気を出すタイミングを待ってじっくり見守ってあげてみてください^^

 

 

 「知育」に興味にあるかたへ。

 

幼児教育や早期教育とまではいかなくても、手先を動かしたり、学習の基礎作りを早めにしておけば、いずれ小学校入学準備にスムーズにはいることができます。

 

生活マナー(歯磨きやトイトレなど)や季節・動物の知識を体系的に学習するには「通信教育」がおすすめだよ!

 

 

料金もワーク2冊分ほどだし、教材ごとに特色があるから選ぶのも楽しいんだ♪

 

 

こちらの記事では「幼児向けおすすめ教材」をまとめました。

 

全て【無料体験】できる教材なので、この機会に試してみるのはいかがでしょうか?

 

あわせて読みたい